むさしの会館

”おとつい”の巻

昨日の前の日はオトトイ。漢字では一昨日と書く。昨という字は、日に積み重ねるという意味を表わす乍を加えたもので、以前とか昔のこと。転じて、位置やへだてた前の日という意味になった。ところで一昨日を秩父...

”えびし”の巻

西秩父にはエビシという郷土料理がある。胡桃やピーナッツ、柚子の皮、生姜などを刻んで胡麻、砂糖、醤油、酒を加えた小麦粉を水で練り、棒状に丸めて蒸し上げたもの。戦国時代から伝わる保存食といわれて、盆正...

”おっぺしょる”の巻

オッペショルとはおりくじくこと。「あんまり鼻がたけぇーから、オッペショッてやった」といえば、鼻高々と自慢するから、グウの音も出ないほどに言い込めてやったという、これも鼻高々の言い方である。似た言葉...

”そらっぺー”の巻

お釈迦様は生まれたとたんに立ち上がって右手で天を左手で地を指差して「天上天下唯我独尊」と唱えたという。牛や馬じゃぁあるめぇし、生まれたとたんに立つことなんどができるもんかと思うのは俗人で、それほど...

”ハケ”の巻

四国、徳島県の祖谷渓の絶壁に「大歩危・小歩危」がある。歩危はうまい当て字だが、ホケ(ボケ)徳島地方の方言でガケのこと。ガケは山や川岸、海岸の欠け落ちた所のことで、古くはカケといった。カケは秩父では...

”キリバン”の巻

前回「魚は明治以降の言葉」と書いたところ、江戸時代に一心助という魚屋がいたではないかという反論があった。だが、あれは物語作者による架空の人物で、いうならば魚商人である。古代、鳥獣の肉や魚、野菜など...

”はばっと”の巻

ちょっとした崖や土手の斜面などを、秩父ではハバとかハバットとよぶ。ハバというと普通は幅という字を思い起こす。この幅は「ハバを利かす」というように、広い面積を表わす言葉なので、秩父でいうイメージが逆...

”ちっとんべー”の巻

前々回のチョックラに続いてチットンベー。「いくらチョッピリでいいったって、そんなチットンベーじゃァ足りやしねぇ。チョックラ貸してみぃ。オレがチット手頃な分量を教えるから」。場面はご想像に任せるが、...

”かかァ”の巻

秩父の「カカア天下」は、生産労働が男女共同だったので、男尊女卑の風土にならなかったために、外部からそう見えたもの。カカァとは自他の妻をやや軽視した呼び方だが、元は子どもが母親に親しみをこめて呼んだ...

”ちょっくら”の巻

本誌「髙橋体験隊のちょっくら行ってんべー」なる連載がある。このチョックラの先祖はチョットで始祖はチトである。『徒然草』にある「チトものを尋ねる」のチト。これは量目的にはチットとなり、時間的にはチョ...
[ 全 5 ページ ]12345
むさしの会館
Top