秩父弁だんべぇ

”ひだりー”

飽食の時代になって、秩父でもヒダリ―ということばはほとんど聞かなくなったが、

戦中戦後の食糧難時代には毎日のように使った言葉だった。

ヒダリ―はヒダルイが秩父風に転じたものだが、古くはヒダルシといった。

約八百年前の『古今著聞集』に盗人が「ひだるく候ままに」盗みに入ったと語る場面がある。

また、芭蕉の句に「ひだるさは殊に軍の大事なり」がある。

腹が減っては戦はできぬということわざ通りである。

江戸後期の弥次喜多道中として有名な『東海道中膝栗毛』では「ひだるくてもう歩かれぬ」といっている。

同じ頃の川柳に「うぬ猿め猿めと杣はひだるがり」がある。

木の枝に吊るしておいた弁当を猿に盗られた山の人夫のおかしくても気の毒な様子である。

こんなに古くからつかわれていた、空腹になって体が干てだいる状態を表すことばが

秩父には残っていたのだが、この頃は「腹が減った」など味気ない言い方になってしまった。

 

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識