秩父弁だんべぇ

“じんじく”の巻

「昔は道が悪かったから、雨でも降りゃ高島田の嫁ごだって長ぐつで行ったもんだが、

どうもジンジクしねェやー」などとつかうジンジクは、釣り合いがとれているとか、

よく似合うという意味である。

これは『平家物語』や『義経記』にも出てくる「純塾」が話し言葉としてジンジクになったもの。

元の意味は完全に塾したということ。

完熟すれば、技なら熟練、物事の不均衝もなくなるから、似合ったり、うまくいくという意味にもなる。

三百年ほど前の『立身大幅帳』には「談合順じゅくして」とあり

一八五年前の『軒並娘八丈』では「和合」と書いてジンジクと仮名をふっている。

意味はどちらもうまくいったということだが、純熟という元の意味は忘れられていたようである。

「腰をもむ婿で今度はじんじくし」は江戸の川柳。前の婿さまはどうやら姑とジンジクしなかったらし

い。

 

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識