むさしの会館

秩父七福神巡り 最終回!!

 七福神は、インド・中国・日本の雑多な神仏の組み合わせであり、いつ誰がつくったものか諸説があり、一定していないといいます。

 江戸時代の七福神信仰は盛んで、お正月には宝船(七福神船遊び)の版画が売られたり、それを枕の下において寝ると縁起の良い初夢を見ると信じられていたそうです。

昨年は、秩父札所34ヶ所を巡りました。今年は福をもたらす秩父の七福神を巡ってみたいと思います。

    横瀬町     東林寺   宇根 恵比壽  (うね えびす)
    皆野町  円福寺   福壽 大黒天  (ふくじゅ だいこくてん)
 下影森        金仙寺   聖山 布袋尊  (しょうざん ほていそん)
 長瀞町  総持寺   殿平 福禄壽  (でんでら ふくろくじゅ)
 小鹿野町 鳳林寺   大悲 毘沙門天 (だいひ びしゃもんてん)
 東 町  惣円寺   八臂 代弁財天 (はっぴ だいべんざいてん)
 田 村  円福寺   延命 壽老人  (えんめい じゅろうじん)

 と言うことで、今回は、小鹿野にある鳳林寺さん

*毘沙門天は特に崇敬あつく、仏法守護・病魔退散・財宝耒福の神として信仰されている。
その風姿は身に七宝で飾った甲冑、眼光するどく、夜叉・罹殺を調伏するとされ、現今の世相を清浄健全なものにする神である。

 

 IMG_4397

 さて!  
今回最終回!
7つ目のお寺は小鹿野町にある鳳林寺さんです。

 

IMG_4407IMG_4402

毘沙門天様はお寺の中にありました。

 

IMG_4378   

まずは、山門の前で記念撮影です。
あれ!?  よそ見をしてしまいました(汗) 

秩父七福神巡り最後までお読み頂きありがとうございました。

秩父はお寺が多いですね。まだ行った事のないお寺がありますので企画していきたいと思います。

むさしの会館
Top