秩父弁だんべぇ

”てぼっけなし”の巻

 くれ好きで、何でも人に遣ってしまうカアちゃん。亭主とすれば「全く、テボッケナシなんだから、いくら稼いだってのこりゃっしねぇ」と、愚痴ることしきり。
 テボッケナシとはルーズで経済観念のない人をいう言葉。秩父をとりまく栃木、群馬、長野辺りの方言である。元はホロク、ホロケルで、振るとか振り落とすということ。それが無意識の行動となると失くす、失うことになる。
江戸後期の仙台の方言を集めた『浜荻』には「ほろく、おっぽろくといふは物ををとせし事」とある。そこから、ぼんやりとかぼけるという意味もでてくる。
 それに手を付けてテボッケというと、しっかり握るはずの手が呆けて、みんな手離してしまうということになる。つまり経済観念がゼロのこと。テボッケナシ(ネー)のナシは、この場合否定ではなくて、否定的な表現をつかって、マイナスイメージを強調したものである。

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識