秩父弁だんべぇ

”かかァ”の巻

 秩父の「カカア天下」は、生産労働が男女共同だったので、男尊女卑の風土にならなかったために、外部からそう見えたもの。

カカァとは自他の妻をやや軽視した呼び方だが、元は子どもが母親に親しみをこめて呼んだカカをおとなが真似たもので、おとながつかうようになってから親しみの意味はこめながらも、だんだん卑語めいた意味をもつようになった。

 一八三七年頃の『守貞鏝稿』は「己が妻を京阪にてかかと云。江戸にてかかあと云」と記している。

 カカにていねいな気持ちを添えるとオカカとなるが、秩父風にいうとオッカーとなってしまい、あまり丁寧な感じはしない。

これに様がついたオカカサマは最高敬語だが、これが変化したものがオカァサンで、明治後半から「標準語」として教科書に採用され全国に広まった。

しかし、秩父ではまた少々変化して、オッカサン、オッカチャンとなって、最近まで普通に使われていた。

 

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識