秩父弁だんべぇ

”おっかど”の巻

1月15日の小正月は、1日の大正月に対する言葉である。

この日は座敷に繭玉飾りをして繭の豊作祈るように、生産を予祝する日である。

 千年も前の『枕草子』に、この日宮廷の女官たちが粥杖を隠し持っていて、知らずに通りかかる女官の尻を叩いて笑いに興ずる話があるが、叩かれた女性は丈夫な子を産むとされていて、江戸時代にも各地で行われていた記録がある。

 粥杖とは小正月の朝、小豆粥を煮るときに使うオッカドで作った徳性の箸のこと。

真ん中を太く、両端を細く削るので、秩父ではハラミ箸とかメズラ箸という。

秩父及び各地農村ではこの箸を軒や畑にさして豊作を祈った。

 オッカドは木質が軟らかくて細工して易しい木で、削り花や粟穂、稗穂、また便所の守り刀なども作る漆科のヌルデの木だが、門を飾るこういう飾り物を御門棒とよんだのが、いつしかそれを作る木の名称となったものである。

 

お気軽にご相談ください お葬式の事前相談はこちら

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識