お葬式豆知識

法要について Part2

法要と十三仏

 十三仏さまはこの世に生きる我々のお守り本尊であると同時に、来世の、つまり先祖供養の仏さまでもあり、初七日から三十三回忌まで十三回の追善供養それぞれに仏、菩薩が割り当てられています。
 また、この十三仏・菩薩をお参りするのを『十三仏参り』とか”十三”を”トミ”と読むことから『とみ参り』とも言います

 

 法要(読み方) 十三仏 秩父
十三仏
初七日
(しょなのか)
亡くなった日(命日)を含め七日目の事。
葬儀後最初に行われる法要です。
不動明王
(ふどうみょうおう)
萬福寺
皆野町
二七日
(ふたなのか)
命日から数えて14日目。
初七日から一週間後の事。
釈迦如来
(しゃかにょらい)
宝円寺
両神薄
三七日
(みなのか)
命日から数えて21日目。
初七日から二週間後の事。
文殊菩薩
(もんじゅぼさつ)
文殊堂
伊豆沢
四七日
(よなのか/しなのか)
命日から数えて28日目。
初七日から三週間後の事。
普賢菩薩
(ふげんぼさつ)
宝林印
久那
五七日
(いつなのか/ごなのか)
命日から数えて35日目。
三十五日(さんじゅうごにち)という
言い方もします。
地蔵菩薩
(じぞうぼさつ)
徳雲寺
蒔田
六七日
(むなのか)
命日から数えて42日目。
初七日から五週間後の事。
弥勒菩薩
(みろくぼさつ)
源蔵寺
大野原
七七日
(なななのか/しちなのか)
命日から数えて7日×7週=49日目。
四十九日(しじゅうくにち)
薬師如来
(やくしにょらい)
法養寺
両神薄
百ヶ日
(ひゃっかにち)
命日から数え百日目。
日数の数え方については、百か日までの法要は
亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。
観音菩薩
(かんのんぼさつ)
瑞岩寺
黒谷
一周忌
(いっしゅうき)

命日の翌年の同月同日(祥月命日)
一周忌は満一年目になりますが、それ以降の
法要は亡くなった年を含めて数えます。

勢至菩薩
(せいしぼさつ)
医王寺
皆野 三沢
三回忌
(さんかいき)
命日から二年目の同月同日(祥月命日)
二年目(翌々年)の命日ではありません。
三回忌からは亡くなった年も含めて数えます。
阿弥陀如来
(あみだにょらい)
阿弥陀寺
荒川 贄川
七回忌
(ななかいき/しちかいき)
命日から六年目の同月同日(祥月命日)
六年目の命日で
七年目の命日ではありません。
阿しゅく如来
(あしゅくにょらい)
太陽時
大滝
十三回忌
(じゅうさんかいき)
命日から十二年目の同月同日(祥月命日)
十二年目の命日で
十三年目の命日ではありません。

大日如来
(だいにちにょらい)

昌安寺
浦山
三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
命日から三十二年目の同月同日(祥月命日)
弔い上げ
虚空蔵菩薩
(こくうぞうぼさつ)
虚空蔵寺
上宮地

※地域的には、【二七日】を [ふたなぬか] 、【三七日】を [みなぬか] など『ぬか』と表現する場合もあるようです。

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識