お葬式豆知識

永代供養①

お子さんがいなかったり、女の子だったりと、お墓の継承者がいない場合などに選ばれることの多いのが、「納骨堂」や「合葬墓」といった永代供養墓です。
継承者がいなくなったあとも、寺院や墓地管理者が責任を持って供養・管理を行うお墓のことです。

供養や管理方法は、墓地管理者によってさまざまで、「供養」という言葉が付く場合は、寺院がその宗派で供養することが一般的です。
公営墓地や霊園が運営する場合は、「納骨壇」や「合葬墓」などと呼ばれています。

まず、「永大供養」という言葉には、どのような意味があるかをご紹介しましょう。
永代供養の「永代」とは「終わることなくずっと」という意味です。
寺院が運営する墓地などでよく言われている「永代使用権」の場合は、
「継承者がいる限り、その土地をお墓として永久に使用できる権利」ということになりますが、永代供養の場合は、少し事情が変わります。

そもそも、永代供養を求める方の多くは、承継者がいない場合が多いこともあり、あらかじめ供養の期間が決められているのが一般的です。

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識