お葬式豆知識

喪中ハガキについて Part2

喪中ハガキが届いたら

1.年賀状を出す前に届いたら

喪中のお知らせを頂いた場合には、寒中見舞いやお悔やみの手紙を書きます。
家族のみで葬儀を済ませているなど、初めて亡くなったことを知った場合には、お悔やみの手紙と共にお香典を送ったり、ご家族の予定を聞いて弔問に伺います。
そこまでの間柄でなければ、寒中見舞いを出すと良いでしょう。内容は、相手の健康を気遣ったり故人との思い出を伝えるなど思いやりのある内容にしましょう。

 

2.年賀状を出した後で届いたら

喪中ハガキをいただいたのに入れ違いで年賀状を発送してしまった場合にはすぐにお詫びの手紙を書きます。文面は誤って年賀状を送ってしまったという旨を素直にわびると共に、ご不幸を知って驚いた気持ちや故人の冥福を祈るお悔やみの言葉を添えると良いでしょう。

 

3.今年から年賀状のやり取りを始める方に喪中ハガキを出すべきか?

新入学や侵入者のタイミングに起こりうるケースです、この場合は喪中ハガキは『年賀状は要りません』という意味ではなく『年賀状を送ることができません』という意味ですから、むしろ何も出さないほうが失礼に当たります。また、年賀状をだすことも、後から喪中を知った方が複雑な気持ちになりますから避けたほうが良いでしょう。

 

(お詫びの手紙の例文)
本日、年賀欠礼のお知らせをいただきたいへん驚いております
ご無沙汰いたしておりましたために、お父上のご不幸を少しも存じ上げず、
すでに年賀状を差し出してしまいましたことをお許しください
遅ればせながら、謹んで御冥福をお祈り申し上げます
ご家族様にはさぞ寂しい年の暮れとは存じますが
どうぞお体大切になさいますようお祈り申し上げます

 

(寒中見舞いの例文)
寒中お見舞い申し上げます
五定年名年始状いただきありがとうございました
亡○の喪中につき念頭のご挨拶を控えさせていただきました
旧年中にお知らせ申し上げるべきところ年を越して
しまいました比例を深謝いたします
寒さ厳しき折柄ご自愛の程お祈り申し上げます

 

※寒中見舞いとは冬場の非常に寒い時に、相手の健康や豪雪被害に遭われた方に対して季節の挨拶状として用いられたのが始まりを言われています。それが何時しか喪中時の連絡用として用いられるようになったようです。また、松の内(松飾を飾る1月7日まで)までに年賀状を出せなかった人に対して、寒中見舞いで侘びをいれて新年の挨拶をすることもあるようです。日本の習慣のひとつで二十四節気の小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までの寒中に行う見舞いです。

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識