高橋探検隊

第16回 こまり門

開門すると異変がおきる?!
秩父市指定有形文化財 ‘‘こまり門” に行ってきました。

 

 

 

門は総檜造りで、桧皮葺きの屋根。
日光東照宮の眠り猫などで知られている彫刻職人左甚五郎作といわれる

鳳凰と山茶花の透かし彫りのある欄間。

この門は大野原アルペンの斜め向かいにあります。

本来は勅使門、天皇や天皇の使者の為の門として作られたそうです。

お寺などにはよくありますが、個人の家であるのはとても珍しいですね。

昭和28年に三笠宮様がいらっしゃったときにはこの門が開いたといわれています。

高貴な方しか通ってはいけない門ですので(もちろん住民の方も通れません!)、

普段は閉じられたまま。だから開門すると異変が起きるこまり門なんて風説があるのでしょうか?

まだまだ深いですね~秩父。

 

 

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識