秩父弁だんべぇ

“ハーテ”の巻

 『万葉集』(759年頃)以来

「風早の」といえば松原で有名な三保の浦に続く枕詞である。

ここは天女が風にのって降りてきたというのだから、

よっぽど風の強い海岸なのだろう。

秩父では天女とまではいかないが、

冬になると上信の山脈を越えて風にのって

冷たい雪片が飛んでくる。

これを関東方言で風花という。

なかなかロマンチックな言葉である。

秩父でも今は風花が普通になったが、

ひと昔前までは、

とくに倉尾~上吉田~日野沢ラインではハーテとよび、

また、フッコシという地域もあった。

フッコシは吹っ越しで、

山を吹き越してくる雪ということで分かり易い。

 小林一茶のメモ帳には、

長野辺りでは「降りたての雪をホウテという」とある。

ハーテ・ホーテは疾風が訛ったものだろう。

広辞苑によれば、

疾風とは

「急に激しく吹き起こる風。寒冷前線に付随することが多く、

降雨、降雹など伴うことがある」と。

ただし秩父のハーテは雨や雹ではなくて、横なぐりの雪である。

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識