秩父弁だんべぇ

”そらっぺー”の巻

 お釈迦様は生まれたとたんに立ち上がって右手で天を左手で地を指差して「天上天下唯我独尊」と唱えたという。

牛や馬じゃぁあるめぇし、生まれたとたんに立つことなんどができるもんかと思うのは俗人で、それほど並外れた偉人だったという話。

 ところで、昔の日本人は天上界と地上界をはっきり区別し、天上は神、地上は人の住む場所と考えていた。

『古事記』などの神話でも、天上の神が天沼矛で下界の海を掻き回して引き上げた時に垂れた滴が島になったと、陸の成り立ちを説明している。

 その考え方では、天と地の間が空なのである。

空は訓ではソラ、音ではクウというがそこは何もない空間である。

空虚、空家などは空っぽ、何もないという意味で、秩父でいうソラッペーもこの類である。

口偪に虚しいと書いて嘘、言葉に実がないこと。

つまり言葉の内容が空っぽなこと。

実のない作りごとは空っぺーというわけである。

 

よりよく生きるために 理想のご葬儀に向けて

無料贈呈します!

秩父の
お葬式マニュアル

秩父のしきたりに合わせてお葬式の流れを詳細にまとめた、初の完全マニュアルです。家族葬をお考えな方は『秩父の小さなお葬式マニュアル』も併せてご覧ください。

無料申込はこちら

秩父とご葬儀の情報誌

秩父の地域情報やご葬儀の豆知識などが満載。「むさしの」が隔月でお届けするニュースレターです。

無料最新号を受け取る

お式についてのご感想

ご葬儀を終えられたお客様の声

ご葬儀を終えられたお客様、参列者様からいただくご感想・ご意見を随時ご紹介しています。

【最新のご感想】優しさ・丁寧さを何度も感じていました

続きを読む

知っておきたいあれこれ

秩父の
お葬式相談室

ご葬儀の参列方法、秩父のしきたりなど、よりよいお葬式を行うためのあれこれをお伝えします。

詳しくはこちら お葬式豆知識