むさしの会館

エンディングノート編 Part2

前回はエンディングノートはどんなものかということをご紹介しました。

ノートの質問に答えていく形で、誰でもご自分の思いをまとめることができるのが、今エンディングノートが人気を集めている要因になっています。

とはいえ、初めてエンディングノートを書こうという際には、自分がこれまで考えたこともない項目を前に、どうやって記入すればいいか迷われる方もいらっしゃいます。
そんなときはこの3つのポイントを参考に気軽に書いてみて下さい

 

1)書き直すことを前提に書く
今思っていることと、5年後の気持ちが同じとは限りません。
エンディングノートは一度書いたら終わりではなく、何度でも書き直してよいのです。最初から書き直す前提で、まずは気軽に書き始めてみるのが大切です。

2)すべての項目は埋めなくても良い
市販のエンディングノートには、今は考えがまとまらないことや、ご自身の事情と合わず、書きたくないと思う項目があるかと思います。
そんなときは無理に記入しなくても構いません。後回しにしてもいいですし、書かなくでも大丈夫です。まずは書きやすいところから書いていきましょう。

3)自由に書きましょう
エンディングノートとはあなた個人のものですから、誰に遠慮することもありません。
書きたい項目が乗っていなければ、オリジナルの項目を付け足してみたり、書き換えてしまっても良いのです。
体裁にはこだわらず、あなたの気持ちを素直に表現することを何より優先してください。

 

あまりかしこまらずに、まずはペンを取ってスタートしてみることが大切だと思います。

 

むさしの会館
Top