むさしの会館

ご状況

お母様が秩父市内の老人ホームで亡くなったとむさしのへお電話が入りました。

息子さんはA県、娘さんはB県と、それぞれ離れているため、ご遺体のままの搬送は費用がかかりすぎるため、秩父で火葬を行いたいというご要望でした。

また、秩父の土地勘がないため、どこで何をすれば良いのかということも分からないとのことで、大変ご不安の色が濃かったように思います。

お手伝いの内容

ホームへお迎えにあがり、搬送先は当社会館とし、むさしの会館へご安置させていただきました。お線香を手向けていただいて、ひと呼吸置いたところでお打合せに入りました。
火葬式の費用や内容、その後の進めかたなどをご説明したあと、役所への手続きを代行して行いました。

その日はお二人とも当社会館へお泊りいただき、翌日、ご親族3名と合流したのち、お花を入れて差し上げながら納棺式を行ない、出棺いたしました。

荼毘に伏されたあと、A県へお帰りになるとのことでしたが、ご親族の皆さんとお食事の席を囲んでいただくのが良いのではないかと思い、その旨をお聞きしたところ、「ちょうど、そういう場所はないだろうかと思っていました」とのことでしたので、駅の近くのお蕎麦屋さんへお連れし、そちらで解散となりました。

むさしのスタッフの声

知らない土地でお母様を亡くすというのは、悲しみに加えて大変心細く、ご不安もひとしおだった事でしょう。気をつけたことは、お客様に「この後どうすればいいんだろう・・・」というご不安を感じられないよう、できるだけ先回りして動くことを第一に考えました。

最後にお蕎麦屋さんで別れるとき、息子さんのホッとした笑顔が印象的で、精一杯お手伝い出来て良かったと、私も安心いたしました。

火葬式というと、最低限の簡素なものだと思われがちですが、一晩一緒に過ごしていただいたり、納棺式を工夫し、ゆったりと行なう事で、心に残るお別れをしていただけます。

ご葬儀データ

形式 火葬式 人数:ご親族5名
ご費用総額 230,000円
ご費用の内訳 お棺(白布棺)、搬送、手続き代行、お別れ花、霊柩車、会館ご安置およびご宿泊、飲食、人件費
むさしのでは、葬儀アドバイザー全てに葬儀費用の明確化を義務付けており、必ず葬儀総額のお見積りをお出ししています。
あなたが「葬儀にはいくらかかるのか」をお知りになりたいときには、どうぞご遠慮なく仮見積りをご依頼ください。専門の葬儀アドバイザーが丁寧にご説明し、秘密厳守でご対応いたします。

お問い合わせフォームへ

むさしの会館
Top