むさしの会館

一般葬

一般葬とは、ご家族以外の方が参列するご葬儀のことで、ご参列者の人数や宗教スタイルなどで内容が変わります。

それぞれのご葬儀の事例を、写真やコメント、そして実際のご請求書などをご覧いただきながらご紹介いたします。

秩父で代表的な一般葬の流れ

医師による臨終の宣告・確認後、ご自宅・病院よりむさしのまでご連絡ください。
※死亡診断書を病院より受け取ります。また自宅で亡くなった場合は、死亡を確認していただいた医師が死亡診断書を作成してくれますのであらためて病院に死亡診断書を受け取りにいきます。

ご逝去された場所より安置場所に移動 (当社、寝台車にて移動)
搬送時の遺体保護用に使用します。
(専用シーツです。お布団のシーツとしてもそのまま使用できます)
ドライアイス又は、保存料を使用

ご自宅に搬送し、ご安置いたします。ご自宅にお帰りになるのが難しい場合は、当社会館にご安置いたします。会館にご安置する場合は付添いして頂いても、お預かりさせて頂いてもどちらでもかまいません。(会館にはお付添いの方の寝具はもちろん故人様のお布団も用意しております)
故人の枕元にお飾りする枕花、お線香を立てる香炉・故人の唇を湿らす為(末期の水)の綿付き棒などはご用意してあります。又時間を見計って一膳飯・枕団子などのお膳もお供えさせていただきます。

打ち合わせ1
お客様の希望を確認しながら日程を調整していきます。日程を決定するに当たり、お寺の住職様のご都合や火葬場の休館日(日曜日)などの都合・確認を行いながら日程の調整を行っていきます。日程が決定したところで、今後の詳しいスケジュールなどもご説明いたします。

打ち合わせ2
お料理の内容や数量の相談をさせていただきます。この時点ではおおよその数量でも構いません。とりあえずは内容を決定し、数量は微調整することができます。又、返礼品を用意する場合は同じように打ち合わせさせていただきます。

打ち合わせ打ち合わせ3
遺影写真用の写真をお預かりいたします。
※祭壇にお供えする生花・盛かごなどのお供物も一緒に打ち合わせさせて頂きます。(別途料金)

お寺に行く際にお布施の確認や僧侶の人数などを決めることになりますので、予め相談をして、2名くらいで行って下さい。
※お葬式の時に使う位牌や塔婆などもこの時に持って行きます(むさしので用意いたします。)

訃報通知として、ご葬儀の日程、集合時間等を、ご葬儀に来ていただきたい方皆さんにお知らせします。

秩父斎場 火葬場使用料 4,500円(12歳以上)と控室使用料が掛かります。又広域組合の霊柩車を利用する場合は、別途 5,150円が掛かります。

役所手続き

※役場手続きに掛かる火葬料などは別途となります。

お棺・お布団・旅装束・杖 又は、お棺にお入れするお花もご用意してあります。
(当社葬儀アドバイザーがご家族と一緒にお手伝いをさせていただきます。)

住職様にお経をあげていただきます。
終了後ご弔問の方へご挨拶があります。

お通夜の後、皆さまを別室にご用意した酒食の席に案内します。この宴席を「通夜ぶるまい」といいます。飲み物はご利用いただいた分のみの清算になります。

秩父斎場にお送り致します。(当社スタッフも火葬場までご同行させていただき、収骨までご一緒させて頂きます)
※秩父郡市内は距離に関わらずセットの費用内でご利用できます。
※皆さんご一緒に移動を希望される場合はマイクロバスをご利用ください。

書類を火葬場職員に手渡します。

休憩(昼食)
火葬休憩中にいただくお弁当や飲み物は控室に準備いたします。

二人一組で、お箸を使ってお骨を骨つぼに移します。血縁の深い順に行います。
※埋葬許可証を斎場職員より受け取ります。(納骨時に必要になります大切に保管して下さい。)

住職様にお経をあげていただきます終了後ご会葬の皆さんにご挨拶があります。その後一般的にが初七日法要が行われます。
※ご会葬の方に香典のお礼「返礼品」をする場合は必要に応じてご注文下さい。(別途料金)

精進おとし
通夜の後同様、ご会葬の皆さまを別室に用意した酒食の席に案内します。本来は魚肉類を絶つ精進期間が終わり、通常の食事に戻る事が精進落しでしたが、最近では、葬儀でお世話になった人たちをもてなすことが目的になっています。

葬儀終了

むさしの会館
Top