むさしの会館

“ハーテ”の巻

 『万葉集』(759年頃)以来

「風早の」といえば松原で有名な三保の浦に続く枕詞である。

ここは天女が風にのって降りてきたというのだから、

よっぽど風の強い海岸なのだろう。

秩父では天女とまではいかないが、

冬になると上信の山脈を越えて風にのって

冷たい雪片が飛んでくる。

これを関東方言で風花という。

なかなかロマンチックな言葉である。

秩父でも今は風花が普通になったが、

ひと昔前までは、

とくに倉尾~上吉田~日野沢ラインではハーテとよび、

また、フッコシという地域もあった。

フッコシは吹っ越しで、

山を吹き越してくる雪ということで分かり易い。

 小林一茶のメモ帳には、

長野辺りでは「降りたての雪をホウテという」とある。

ハーテ・ホーテは疾風が訛ったものだろう。

広辞苑によれば、

疾風とは

「急に激しく吹き起こる風。寒冷前線に付随することが多く、

降雨、降雹など伴うことがある」と。

ただし秩父のハーテは雨や雹ではなくて、横なぐりの雪である。

むさしの会館
Top