むさしの会館

”ケードーの巻”

 近所の家に出来事があった時、

とりあえず駆けつけて庭先か玄関で挨拶して帰るのをケードージンギという。

顔見知り程度の人が通りがかって家人と顔があった時に、その場でお悔みを述べるのもケードージンギ。

 ジンギは、お辞儀のジキで挨拶のこと。ケードーは街道という説もあるが、

それは違う。

街道は海道とも書いて、都市と都市を結ぶ主要道路のことで、

秩父でいうケードーは公道から外れて家の門に至る私道のことだから。

 中世、垣で囲った屋敷や、開拓予定地、また小部落を垣内といった。

地名に〇〇ゲート、ガイト、ガヤトとあるのはそれであるケートーは垣内の道=わが家の道ではないか。

ケードーの両脇の田畑はたいがいその家のものであることからも、それはいえそうである。

 また『曽舟集』(986)に、

「山里は垣内の道も見えぬまで秋の木の葉に埋もれにけり」があるが、

ケードーはこの垣下の道であるかもしれない。垣内、垣外どちらにしても屋敷に付属している道である。

むさしの会館
Top