むさしの会館

”カサッツマ”の巻

    秩父の山村では瓦やトタンが普及するまでは、

入母屋作りの家は藁屋根、

切妻造りの家は板屋根と相場が決まっていた。

だが、家の構造とは関わりなく、

家の上手をカサッツマ、下手をシモッツマといった。

カサッツマの小屋とかシモッツマの畑などというように、

家を基準にして上下の方向を指す言葉だった。

 シモと対比してみればわかるように、

カサは嵩と書き、物の高さ大きさや分量を示す言葉である。

物を積んで高くすることをカサネルといい、

多い分量をカサがあるとか、カサバルという。

秩父の方言では、ガサとなる。

また、秩父では川を基準に上下を分ける。

上は地形が高いからカミとカサは同義語となる。

    ツマは物の端とか副え物の事。

刺身のツマがいい例である。

自分を基準にすれば、

妻も夫もツマで古くは女性も夫をツマと呼んだが、

男社会になるにつれてツマは夫の専用語となった。

最近の世相をみれば、

あまり遠くない時期に逆転するかも?というわけで、

カサッツマは家の上の端の方という意味だったのである。
 

むさしの会館
Top