むさしの会館

”うっくねる”の巻

  久しぶりにサツマ芋掘りの手伝いに出た息子。

刈り取った芋蔓を手に「父ちゃん、この蔓はどうするん」と聞く。

「うん。そけーらぃうっつくねておけい。」「うっつくねる?」

「そけーらぃぶっつんでおきゃーいいんだよ。」

 今の若い人には‘ウッツクネル”はわからないようだ。

江戸の川柳に「三国の雪やつくねて富士の雪」がある。

駿河、甲斐、相模三国の雪を集めて積み上げたのが

富士山の雪なのだという句。

 ツクネルとは幾つかの物をまとめて

一つにすることとか、

手でこねて丸め固めることだか、「打っ」という接頭語がつくと、

いかにも雑然と積み重ねるといった感じになる。

ぶっつむも、漢字で書けば打っ積むだから、

意味はほとんど同じことである。

しかし、

この二つの共通語のうち今では積むの方が優勢になり、

ツクネルの方は年輩者だけの言葉となってしまって、

秩父でも地元の方言扱いされるようになってきたらしい。

むさしの会館
Top