むさしの会館

”いもつくりばな”の巻

  古代の王は暦を熟知していた。

日本でも昔の指導者は聖=日知りとして崇められた。

しかし、たとえば立春といっても、地方ごと同じではない。

だから、地方ごとに日知りはいて、

ある地域では、あの花が咲いたら芋を植えろなどと教えた。
  秩父のある地域では岩ツツジをイモックリ花と呼んで、

あの花が咲いたらジャガイモを作れと教えた。

正式名称はミツバツツジ。

春一番に咲くから秩父名はイチバンツツジ。

二バンツツジは山ツツジ。

これが咲いてからイモを植えても遅いと教える地域もある。

 あちこちの山の峰に抜きん出て立つ松の老木がある。

天狗の腰掛け松などと呼ばれて、

伐ってはならぬと教えられて守られてきた。

これはお陽さまの昇る位置から、

その耕地にやってくる季節を知る目印の木だったのだ。

 秩父では赤トンボをソバ播きトンボと言った。

八月のお盆の前後、

赤トンボが出たら秋ソバを播けという、お日知り様の教えである。

むさしの会館
Top