新盆のマナー(秩父は8月)
 

1.服装について
  <訪問される方もお迎えする方も同じと考えてください>

  暑い時期ですので喪服でなくても良いようです。
  《男性》 落ち着いた色のワイシャツ・襟付きのシャツ・ズボン・地味な色の靴など
       (もちろん白色でも可、ネクタイはなくても良いようです)

  《女性》 落ち着いた色のブラウス(もちろん白色でも可)・襟付きのシャツ・ワンピース
        ・ズボン・スカート・地味な色の靴など

  ※上記のように男女共地味な服装を心がけましょう。

2.訪問日時
  新盆のお宅への訪問は、13日、14日を中心に15日までの間で行われるようです。
  訪問時間は午前10時から午後5時頃までが一般的ですが、親戚や親交のあった場合には
  この限りではありません。
  また、食事時は避けたほうが良いでしょう。

3.挨拶
  訪問する側 「今年は○○様のお宅は新盆という事でお線香をあげさせていただきたいと思います。」

  迎える側   「今日はお忙しくお暑い中お越しいただきありがとうございます。こちらになりますので
           お願いします。」

4.お供えの包み方
  表書きは、仏式・・・御仏前 神式・・・御神前
   (御供とすることもあるようです)

  供物についても上記と同じです。

5.お参り
  一般の拝み方と同様ですが、盆棚に安置してある位牌の前に進み、一礼をして合掌し、
  線香に火をつけ香炉に立ててリンをならして再び合掌して退きます。
  尚、神式については二礼二拍手一礼にてお参りします。

 

 

 

 

>>「お葬式豆知識」 目次ページに戻る

↑ページの上へ

 

むさしのコミュニケーション クイズコーナー 秩父札所めぐり やっぱり秩父弁だんべえ お手紙コーナー イベント報告 お葬式豆知識 毎日が改善! むさしのスタッフさん むさしのホームページ クイズコーナー 毎日が改善! お葬式豆知識 むさしのスタッフさん イベント報告 やっぱり秩父弁だんべえ お手紙コーナー 秩父札所めぐり TOPページ